植物性たんぱく質は筋肉つけるのに良い?

たんぱく質を摂るためには何を食べようと思いますか?私が思い浮かべるのは、まずは大豆製品です。大豆製品と言えば、納豆や豆腐、湯葉や味噌などが代表的なものだと思います。大豆やひよこ豆、えんどう豆などの豆類に含まれるたんぱく質は、たんぱく質の中でも「植物性たんぱく質」に分類されます。植物性たんぱく質というと、他にはご飯や小麦、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜にも含まれてはいるのですが、やはり大豆などの豆類に比べると含まれる量は少ないのが実情です。

熊本大学大学院生命科学研究部/研究分野一覧

よく、「筋肉を付けるにはたんぱく質を摂ると良い」と言いますよね。では、トレーニングの効果を上げるために、豆腐や納豆などの植物性たんぱく質を積極的に摂れば、効率的に筋力を付けることができるのでしょうか。残念ながら、そうではありません。効率よく筋力を付けるために摂るべきなのは、植物性たんぱく質ではなく、「動物性たんぱく質」だからです。
動物性たんぱく質といえば、肉類、魚類、卵、乳製品などが挙げられます。具体的には、脂肪分の少ないササミや胸肉などはとても重宝されていますし、卵に関しては理想的な栄養バランスを保つ完全食品とも言われています。
筋力を効率よく付けるためには、これらの動物性たんぱく質を積極的に摂ることが望まれます。

プロテイン オススメ

プロテインにも、植物性たんぱく質を原料としているものと動物性たんぱく質を原料としているものとが存在します。目的に合わせて適切に選ぶことが重要です。

Hara-Hayashi Lab | Nanotechnology & Nanoscience

世の中に溢れる情報をかいつまんで取り入れていると、望む効果が得られないということになってしまいます。
筋肉を付けたいのであれば、植物性たんぱく質ではなく、動物性たんぱく質を摂りましょう。